×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

おそらくは三十秒ほど雌パピィは吠え、そして稲妻のように私に飛びついてきた。
私は嵐のようなパピィの喜びの渦に巻き込まれてしまった。
雌パピィは私の肩口にまで飛び上がり、殆ど上着をもぎとりそうになった。
貴族的で、つつましやかで、喜びを示す態度も通常は控え目に数回尻尾を振る程度であり、その感情がもっとも高まったときの仕草も私の膝に頭を載せるぐらいだった、おとなしいパピィである雌パピィが、機関車のように興奮を爆発させ、引き裂くような調子で、数秒前に吠えたのよりもむしろ大きな声で叫ぶのであった。
それから突然、雌パピィはやめて、私の前を通って人口のほうへ行き、そこで立ち止まると肩ごしに私のほうに振り返り、外に出してくれるようにせがむのであった。
私が帰ったからには雌パピィの監禁も終わりを告げ、まったく昔の秩序にもどるのは、雌パピィにとっては自明のことだったのである。
なんと幸運な動物、そしてなんと羨むべき神経系の強靭さだろう。
その原因が取り除かれてしまうと、精神的な衝撃は三十秒にわたる遠吠えと一分半の喜びの舞踏で癒されてしまうほどの副作用しか残さないのだ。
まったく完全に治ってしまい、すぐに元の生活に戻ることができるのだ。
パピィを従えて私が家にもどると、妻はそれをみて叫んだ。
大変・ ニワトリが。
パピィは一羽のメンドリにすら目をくれなかった。
夜になって私がパピィを家に入れると、妻はこのパピィはもう躾がなっていないと注意した。
しかしパピィは昔と同じように、完全に訓練された飼いパピィであった。
雌パピィは私かかつて教えたことをまだ何でもやれたし、私がたかだか二ヵ月の訓練で育てあげたのと、まさに同じパピィであった。
パピィの身に降り掛かるものとしてはもっとも深い悲しみの九ヵ月の間にも、雌パピィは私に教えられた全ての事を忠実に保持していたのである。
そしていまや、雌パピィにとっては最も純粋な喜びの日々か訪れた。
その夏の休暇の問、雌パピィは私にとって欠くことのできない伴侶であり、ほとんど毎日我々は河原に沿って長い散歩をし、時々は川に入って泳いだ。
ペット(犬と猫とうさぎ)の抜け毛取り ピロコーム   ピロコームとは  Philocomb is gentle and balanced brush Innovatives Haarauskammen mit Philocomb L'eccezionalepettinetoglipelo Philocomb ピロコーム開発 近所の犬と開発したよ, 日本猫 ピロコーム, となりの猫たち 世界の猫たち ピロコーム, ウエルシュ・コーギー・ペンブローク ピロコーム, ダックスフンド(ミニチュア・ダックス) ピロコーム, 柴犬 ピロコーム, ポメラニアン 小型スピッツ ピロコーム, チワワ ピロコーム, 日本スピッツ, グレート・ピレニーズ, ニューファウンドランド, シー・ズー ペキニーズ チベタン・スパニエル, サモエド, シェットランド・シープ・ドック, ゴールデン・レトリーバー あらいぐま ヤギ, シベリアン・ハスキー, ビアデッドコリーの家族たち, ボーダーコリー, アフガン・ハウンド, 犬の基本的性格, ピロコームの動画, 日曜ブドウ園,
もっともすばらしい休日にも終わりかある。
スーツケースを荷造りするときがくると、すでに述べた悲劇がふたたびくり返される兆しを示した。
雌パピィは活気をなくして沈みがちになり、私のそばにぴったりくっ付いているようになった。
こんどはパピィが人間の言葉をそのままに理解できないという事実が、哀れな動物の毎日を惨めなものにした。
私は雌パピィを一緒に連れていく決心をしていたのだが、雌パピィにそれを分からせることができなかったのだ。
たえず、置き去りにしはしないといい聞かせたのだが、雌パピィの神経の緊張状態はつづき、私から目を放そうとはしなかった。
しかしようやく、私は雌パピィにわからせることができた。
出発の直前に、雌パピィはまた庭の片隅に引き籠ったか、明らかに前と同じ意図でそうしたのである。
私は雌パピィを放っておいて、出発の準備ができたときに、いつも散歩のときに呼びかけるのと同じ声の調子で雌パピィを呼んだ。
すると雌パピィは急にそのことを理解し、安心して、私のまわりを狂喜して踊り狂ったのである。
雌パピィは自分の主人とほんの二、三ヵ月しか一緒にいることかできなかった。
同じような別れのなげきが演じられたが、このときには前とは少し違っていた。
雌パピィは逃げてしまい、全く一人で二ヵ月間、罪に罪を重ねながら野生の動物の生活を送ったのである。
雌パピィが、ウサギ小屋を荒らした神秘的な「キツネ」であったとしても、私は疑わない。
クリスマス後に、ひどくやせ細り、目と鼻から膿を出しながら雌パピィは私の家の妻のもとに帰り、妻の手当てで健康を回復した。
しかし、雌パピィを家においておくことは不可能だった。
そこで雌パピィは雌パピィの夫となる大きなシベリアオオカミの檻に入ることとなった。
不幸なことに、この結婚は子どもに恵まれなかった。
数力月後、私は雌パピィをふたたび手もとに引き取って一緒に住んだ。
現在私だちが飼っているパピィはすべてその子である。
雌パピィはその六年の生涯のうち半分にも満たない日々を、主人と一緒に過ごしただけだが、それでも、雌パピィは私が知っているパピィのうちでもっとも忠実なパピィだった。
All Pretty Tails Philocomb Classy Cat & Dog Dishes Philocomb 輝く被毛はゴールデン・レトリーバー フラットコーテッド・レトリーバー ボーダー・コリー  我が家は王室並みキャバリア・キング・チャールズ・スパニエル  犬猫好きのトイ・プードル  家族のような柴犬・ビーグル  猫好き家族のアメリカン・ショートヘアー  我輩は猫王メインクーン  パグ、フレンチ・ブルドッグ、ミニチュア・ピンシャー  メタボ近しミニチュア・ダックスフンド  ペット抜け毛取りブラシ選び  スキップ大好きチワワ  マルチーズ、ポメラニアン、ヨークシャーテリア  力を抜いたラグドール  ペット好きのパピヨン  野良猫日本猫  うさぎ  誇り高きライオン シー・ズー  踵齧りウエルッシュ・コーギー・ペンブローク  野良黒 ミニチュア・シュナウザー  日本のネコに野生猫  水着が欲しいラブラドール・レトリーバー  世界のネコ  Land1 花  Land2 花ランド 

[戻る]