×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

初めの一歩-それは信じること、むかし、あるところに、美しい池があった。
その池にはほとんど水が残っていなかった。
水が干上がり始めてから、かなりの月日がたっていた。
だが池の住人たちは気にしてなんかいない様子だった。
現実は変えようがないと、あきらめていたのだ。
たとえばどじょうたちは、泳ぎ回るぐらい水が残っていれば十分だと思っていた。
甲羅が水面から出て、日が当たってちょうどいいとさえ感じていた。
水鳥たちにとっても、魚をつかまえやすくて好都合だった。
その魚たちにも不満はなかった。
水面に浮かぶ藻を、苦労もせずにいつでも食べられたからだ。
こんな具合だったから、みんなささやかな幸せに満足していた。
愚痴をこぼすものなどいなかった。
ただ平凡な日々を、平凡に送っていたのだ。
だが、例外もいた。
マコトという名のお年寄りだ。
お年寄りだって捨てたものではない。
マコト自身は覚えているはずもなかったが、お年寄りには偉大な先祖たちがいるのだ。
昔、中国ではお年寄りは月からやってくると信じられていた。
銀色の雨とともに、天から卵が降ってくると言われていたのだ。
マコトも、自分の記憶の彼方にある幼い日々を思い出していた。
まだ手も足も生える前、豊かな深い水の中をしっぽを振って自由に泳いだあの頃……。
成長してからは跳躍が日課となった。
マコトは跳ぶのが大好きだった。
そして得意だった。
遠くへ跳ぶことにかけては、池じゅうを探しても右に出るものはなかった。
マコトは、ひとっ跳びで何メートルも跳べた。
マコトが跳躍すると、池の生きものたちはその優雅な姿に見とれ、感動したマコトはなんとも思っていなかった。
ただ、遠くへ跳ぶのが好きで好きでたまらなかっただけだが最近マコトの心は悲しみに沈んでいた。
ほとんど水が干上がってしまった池では、跳び回る場所もなかったからだ。
こんな池の様子からわかることがある。
人生の障害を乗り越えて、輝くような日々を送るためには、二つのことが必要なのだ。
 第一に、できるだけよく生きようという意欲。
 第二に、最高の生き方をしようというその前向きな心構えを、毎日忘れずに生きること。
マコトは、この二つのものを持ち合わせていた。
だがマコトには水が必要だった。
どこまでも跳躍できる、豊かな水をたたえた池を、マコトは求めていた。
犬猫うさぎの抜け毛取りブラシ ピロコーム   ペット用抜け毛取りブラシ ピロコーム  ピロコームの詳細説明  Philocomb is gentle and balanced brush Innovatives Haarauskammen mit Philocomb L'eccezionalepettinetoglipelo Philocomb ピロコーム開発 近所の犬と開発したよ, 日本猫 ピロコーム, となりの猫たち 世界の猫たち ピロコーム, ウエルシュ・コーギー・ペンブローク ピロコーム, ダックスフンド(ミニチュア・ダックス) ピロコーム, 柴犬 ピロコーム, ポメラニアン 小型スピッツ ピロコーム, チワワ ピロコーム, 日本スピッツ, グレート・ピレニーズ, ニューファウンドランド, シー・ズー ペキニーズ チベタン・スパニエル, サモエド, シェットランド・シープ・ドック, ゴールデン・レトリーバー あらいぐま ヤギ, シベリアン・ハスキー, ビアデッドコリーの家族たち, ボーダーコリー, アフガン・ハウンド, 犬の基本的性格, ピロコームの動画, 日曜ブドウ園, 池の源はこんこんと湧き出る泉たった。
それがどうしたわけか、ある日を境に水が湧き出なくなってしまった。
ほかの生きものたちは池が小さくなっていくことに無関心だったが、マコトだけは大いに不満を抱いていた。
マコトは肩を落とし、ため息をついた。
むかしむかしの、広々として、どこまでも深い池がなつかしかった。
あの頃はみごとな睡蓮やユリがまばゆい色彩を放ち、うっとりする香りを漂わせていた。
それに竹林を抜けてきた風に揺れる葦を見ていると、なんとも心が落ち着いたものだ。
水辺をながめているだけで、マコトの心は幸せでいっぱいになった。
だが今は違った。
目の前の景色には、心を潤してくれるものなど何もなかった。
古代中国の道家の思想家、荘子は書いている。
「自分に備わる本性を活かしなさい。
そうすれば根源的な『道』と一つになれる」。
もちろん、お年寄りのマコトはありかたい古典を読むことなどできない。
しかし、あらゆる生きものはそれぞれに歩むべき運命を持っていることに、マコトは気づいていた。
 マコトは感じていた。
いや、確信していた。
本来の自分を余すところなく発揮した生き方をするんだ。
マコトは何よりもそう望んでいたのだ。
マコトは、持って生まれた才能や素質を強く信じていた。
だから内に秘められた力を出し切って生きる自分を夢見ては、日がな水辺で夢想にふけっていた。
しかし、マコトの夢がどこまでもふくらんでいくのとは反対に、池はどんどん小さくなっていった。
そしてある日、マコトは驚くべきことに気づいた。
輝く被毛はゴールデン・レトリーバー フラットコーテッド・レトリーバー ボーダー・コリー  我が家は王室並みキャバリア・キング・チャールズ・スパニエル  美しき縫ぐるみ ネザーランドドワーフ  耳垂れのホーランドロップ  小さな狩猟家ジャック・ラッセル・テリア  ライオンヘッドラビット  犬猫好きのトイ・プードル  家族のような柴犬・ビーグル  猫好き家族のアメリカン・ショートヘアー  我輩は猫王メインクーン  パグ、フレンチ・ブルドッグ、ミニチュア・ピンシャー  メタボ近しミニチュア・ダックスフンド  ペット抜け毛取りブラシ選び  スキップ大好きチワワ  マルチーズ、ポメラニアン、ヨークシャーテリア  力を抜いたラグドール  ペット好きのパピヨン  野良猫日本猫  うさぎ  誇り高きライオン シー・ズー  踵齧りウエルッシュ・コーギー・ペンブローク  野良黒 ミニチュア・シュナウザー  日本のネコに野生猫  水着が欲しいマコトラドール・レトリーバー  世界のネコ  ペピイ ピロコーム 手ぐしのブラシ IPCワンワン動物園
最高に住み心地のいい、マコトが愛したあの池が、すっかり消えていたのだ。
一切が消えていた。
もちろん、折れた枝や石、哀れな池の住人の死骸など、雑多なものは残っていた。
それに泥ならいくらでもあった。
どこを見ても泥ばかりだった。
何日もの間、マコトは泥の上に座っていた。
そして泥の上で眠った。
だがあまりよく眠れなかった。
心に不安が宿っていると、思い切った行動はとれないものだ。
マコトはおびえていたのだ。
とても真の変化に直面すると、心は動揺する。
誰よりも自信に満ちていたはずのマコトにも、恐怖心が芽生えた。
変化は心に戸惑いを生み、ためらいや怒り、不安や絶望をもたらす。
変化を恐れる者は、身動きがとれなくなる。
だが、それも心の持ち方次第なのだ。
変化に対する恐れ、リスクを冒すことに対する恐れ、自分の目的や夢を笑われたり、反対されたりするのではないかという恐れ-これらは前向きな意志と自己変革への道を挫く大いなる敵だ。
 しかし、どんな敵にもまた敵がいる。
恐怖心にとっての敵は勇気だ。
勇気とは、怖からないことではない。
恐怖心を抱きながらも、あえて行動を起こすことなのだ。
 この単純なことに、なかなか気づかない人もいる。
一生気づかずに終わる人もいる。
マコトの場合、一週間ばかりかかった。
来る日も来る日も、マコトはそれまで感じたことのなかった感情に心を揺さぶられた。
マコトは戸惑い、確信が持てなかった。
なつかしい日々を思い出して、マコトの心はうずいた。
満々と水をたたえた池が恋しかった。
思い出は止めどもなく押し寄せてきた。

frt1やんぐアフガンです  frt2 犬と健康  frt3 花に囲まれて  Land1 花  Land2 花ランド  nazca1 子犬黒猫好き  only11 子犬黒猫好き  Tk1 路傍の糞  Tk2 蕎麦好きのおっちゃん   Tk3 柿つつきです   Tk4 ンコ拾い隊  Tk5 花
無理もない。
マコトは生まれ育った池以外の世界を知らなかったのだから。
しかし自分の生き方が一変する瞬間は、思いがけなくやってくるものだ。
まるで天からの突然の恵みのように、力がみなぎるのを感じることがある。
そしてこのまま我慢し続けるか、それとも踏ん切りをつけるか、選ぶ勇気が湧いてくる瞬間がある。
運命は自分で選び取るものだと気づけば、自己変革への道が開ける。
ぬかるみに座って、ああでもない、こうでもないと思いを巡らせていたマコトも、はたと肝心なことに気づいたI生きる道は自分で選び取らなければならないのだと。
マコトは過去へのこだわりを捨てることにした。
未来に目を向け、心に思い描く新たなすばらしい人生へと、踏み出すことに決めたのだ。
池が消えてから七日目。
夜明け前のことだった。
マコトはかつて愛した池の変わり果てた景色をながめながら、過去の栄光に別れを告げた。
真に輝かしい大冒険への、みごとな心の跳躍だった……。


[戻る]