×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOPへ  >   戻る
ムガル帝国写真サールナート




サールナート

サールナート

サールナート

サールナート

サールナート

サールナート

サールナート

サールナート

サールナート

サールナート

サールナート

他の事由が加わり作用したとみるぺきでしょう。
先人の言に「存在するものは合理的なり」というのがあります。
ゴロ土を敷くことが盆栽界の常識であり、長い慣行であるならば,それにはそれなりのメリットが必ずあるはずです。
このように古い慣行の中に新しい合理性を見出すこともまた重要と思われるので、今回はこのことを中心に述ぺたいと思いますが、例によっていくつか関連事項を述ぺさぜていただきます。

この仕組みをもう少しくわしく説明しますと,ジベレリンは主に植物の生長点で生成されます。
葉や根から吸収されたバクロプトウゾールは蒸散作用により生長点に達します。
そこで薬効としては、ジベレリンの前駆物資のカウレンからカウレン酸へ移る酵素の活性を阻害するとされています。
したがってジベレリンの合成は著しく抑えられることになくのがよくなることが確かめられています。
ジベレリンが抑制されることにより栄養成長が抑えられ、花や実などの生殖作用が促されるとも考えられます。
盆栽素材などへの応用 しかし、この矮化剤の盆栽への応用についてはデータ的に不足しています。
シャクナゲやヅバキなどで瞬翻果が認められていますが、それで銭カリンやガマズミにどの程度の効果があるのか、というデータ枢あり茎ぜん。
さらにカシやタイサンボクはどうかとなりますと、少なくとも試験場などの実験では分からないといってよい現状です。
しかし後でくわしく記述しますが、趣味者の実験などでは、いろいろな効果が報告されています。

お好み TOPへ >  戻る  犬猫うさぎの抜け毛取り   ピロコームとは