×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOPへ  >   戻る
ムガル帝国写真サールナート




サールナート

サールナート

サールナート

サールナート

サールナート

サールナート

サールナート

サールナート

サールナート

サールナート

ブッダ

ブッダ

ブッダ

ブッダ

ブッダ

蓮と練炭
初めてのグループに訪れたとき、必ずといってよいほど練炭と蓮の話から始める方がおります。
これは根が呼吸することの重要性、すなわち植物生理の基幹を知ってもらい、このことから盆栽用土の気相の必要性を理解していただくためのものです。
この考え方は、自由空間率の確保と軌をひとつにするものであり、まったく異論はありません。
このように植物の根と空気、用土の粒径と自由空間の問題ではまったく一致するものの、水についての観念では大分考え方に違いがあるようです。

一般的に いうと、樹勢のある春芽の伸長は、抑えにくいようです。
逆に、勢いよく伸長する枝の側枝などには、効果 的です。
このことは盆栽素材にとっては大 変興味ある効果といえます。
たとえ ば徒長枝を切り込んだ後の側枝の充実が見込まれるからです。
また春の,1番芽を切除した後の2番芽には薬効が此較的あらわれるようですので、実ものや花ものの樹などの短果枝の充実に使用できると考えられます。
データ的には夏-秋の芽に薬効が顕著であるとされていますのです、素材の夏場の切り込みといった応用が考えられます。

お好み TOPへ >  戻る  犬猫うさぎの抜け毛取り   ピロコームとは