×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOPへ  >   戻る
ムガル帝国写真ラージカート




ラージカート

ラージカート

ラージカート

ラージカート

ラージカート

ラージカート

ラージカート

個々の植物種の一つ一つについて、詳綱な温度特性が明らかにされていれぱ良いのであるがそのデータは非常に少ないのですが、自生地の温度条件を理解し、栽培の参考とするのであります。
一方において.植物の白生地の条件は必ずしもその植物にとって最適でなく、仕方なく現状で我慢している場合もあります。
最適の場所は他の植物に優占され圧倒されて生育できず、次善の場所、そこもダメならその次の場所というような状況に追い込まれることもあります。
例えば、ハイマツは平均気温12℃が上限であるか、東京のような7月の平均気温25℃となる所でも屋外の日射に耐えて生育します。
陽樹としてのハイマツはその他の樹木が生えない高所に止むなく育っていると見られます。
しかし同じ高山楓物の中には東京の夏に耐えないものも多いのです。
その原因の一つとして、夏の期間の温度が高山帯と東京では約20℃位の差があり、そのため東京では高山帯にくらべ根の呼吸が4倍以上となるため通常の植え方では空気の地中への拡散が不充分酸欠となり呼吸困難をきたすのです。
そこで東京の夏の高温に耐えられなくなることになります。
このことは亜高山帯、冷温帯植物でもその自生地と栽培地の夜間温度に差がある場合、樹種によっては栽培について考えなけれぱならないのです。
前にソメイヨシノの桜前轢か日平均筑温10℃と高山帯の花時は、日平釣、気温10℃の線の上昇とおおむね一致します。
このことほ秋の紅葉期日が高い所から下降するのと同様です。
植木鉢の片手落ち評価
「鉢の中の水と空気」の理論、特に飽和と不飽和、および自由空間率と含水率の項は、今後盆栽用土を考えるうえで大いに評価されるぺきものといえます。
また、鉢の中に滞水層ができることも事実であり、これらのことはだれでも理解しております。
問題は、こつ滞水層の存在がはたして盆栽の生育、特に根の発育に著しい害作用をもつものであるか否かということです。
滞水層つまり完全飽和の状態では空気の存在がなく、根の呼吸に必要な酸素の供総が得られないことを理由に、鉢底にゴロ土を敷くことが好ましくないとしておられます。
そして滞水層のできることに対するデメリットを強調するあまり、そのメリットにふれられていないのは残念です。
合理性の探究
改めて述べるまでもなく、盆栽界では過去長い間、鉢底にゴロ土を敷くことをなかば常識的なこととしここれを実行しております。
そしてその結果として、著しい障害は出ておらず、盆栽も立派に保たれ、若木はよく生長しております。
またもし障害があったとすれば、それは次の機会に

ガマズミ スイカズラ科の対生の葉を持つ、野生味あふれる樹種です。
一度盆栽を見ればその魅力にひかれる入が多いのですが、数はたいへん少ないようです。
ガマズミは充実した枝の先端とその下の側芽に花芽分化します。
白生樹では先端などの芽が大きく伸び、その先に花を付けるものです。
盆栽では、徒長した印象を受けますので、なるべく側芽に花芽を持たせるようにします。
方法としては先端枝を伸ばし樹勢を逃しながら側芽の充実をはかることになります。
徒長させた枝は後で切りつめるわけですが、一方の側枝の方は短く充実した枝とな12ます。
花芽分化は夏ですので、この時期までに枝が成熟し、短く充実させることになります。
樹勢のある黴の場合、5月初旬ごろ芽摘みを行い、後に伸長する2番芽に花芽を持たせることも可能です。
この例でも、ある程度枝数を増やし短枝が生じるような樹づくりが必要です。

お好み TOPへ >  戻る  犬猫うさぎの抜け毛取り   ピロコームとは